2021年度(令和3年度)後期 神戸大学国際人間科学部の授業実施方針について

2021年度(令和3年度)後期の授業実施について、神戸大学では「十分な感染防止措置を講じた上、可能な範囲で、対面による授業を実施」という方針を立てました。国際人間科学部が開講する授業科目についても、大学の基本方針に沿って、新型コロナウイルスの感染状況を考慮しつつ、皆さんの学修機会の確保と感染防止との両立を図るために、以下のとおり実施します。

1.授業実施方法の方針

  • (1) 大学の基本方針に基づき、「可能な範囲で、対面による授業」を実施します。ただし、感染拡大防止の観点から、必要に応じて遠隔授業も実施します。
  • (2) 対面授業が困難な場合は、リアルタイム型遠隔授業、オンデマンド型遠隔授業、対面・遠隔を併用したハイブリッド型授業、遠隔・対面を切り替えるブレンド型授業等の中から、適切な形態を選んで授業を実施します。
  • (3) 遠隔授業を実施する場合でも、定期試験では、対面による試験を実施する場合がありますので、注意してください。

2.アクセスポイント

本学部が開講する授業科目については、すべての科目に可能なかぎり教室を割り当てます。したがって、受講する予定の授業科目が遠隔授業の場合、割り当てられた教室をアクセスポイントとして利用できます。そのほか、空き教室を、アクセスポイントとして皆さんに開放する予定です。ただし、教室によっては電源の数が限られていますので、PCに充電可能なモバイルバッテリーを用意してください。

3.留意事項

  • (1) 教室は、授業科目の受講者数が教室の収容定員の2分の1~4分の3程度までに収まるように割り当てる予定です。教室の中では、授業中の私語を慎むのはもちろん、学生相互間で十分な距離を保つよう心がけてください。
  • (2) 対面授業に出席するにあたっては、マスク(不織布マスクを推奨)の着用、手洗いの励行、手指の消毒を徹底するほか、教室の換気を心がけてください。発熱、咳などによる体調不良の場合は、授業等に出席しないでください。
  • (3) 対面授業において、授業への出席や通学に不安を有する学生や、海外に滞在する外国人留学生等に配慮することとします。特別の配慮を要する場合は、個別に担当教員に申し出てください。
  • (4) 各授業科目の実施方法は8月27日までにシラバスに記載される予定ですが、感染状況等に伴い実施方法が変更されることがあります。8月28日以降にシラバスを確認するとともにBEEF等による連絡にも注意を払ってください。
  • (5) リアルタイム型の遠隔授業を、キャンパス内のアクセスポイントから受講する場合は、マイクを切るなどして他の受講生との間でハウリングが起きないように留意してください。
  • (6) 昼食時に食堂に入り切れない場合は2限の授業を受講した教室などを利用してかまいませんが、学生間の距離を確保し全員が同じ方向を向いて着席して下さい。食事中の会話は厳に慎み、それ以外の会話は,必ずマスクを着用したうえで必要最小限にとどめるよう心がけて下さい。

4.科目区分別の授業実施方法について

  • (1) 実施方法 各授業科目においてシラバスやBEEFでこれと異なるアナウンスがないかぎり、下記の方法により開講することとします。
    • A 演習科目:感染対策を講じた上で、対面授業を行います。
    • B 講義科目:感染対策を講じた上で、対面授業を行います。ただし、鶴甲第1キャンパスにおいては大講義室が不足しているため、遠隔授業を行います。
    • C 外国語科目:多くの学生が一斉に発話をすることを考慮して、遠隔授業を行います。
    • D 実験・実習科目:感染対策を講じた上で、対面授業を行います。
  • (2) 鶴甲第1キャンパスでの学部共通科目の「講義科目」について
    • 各授業科目の実施方法は、シラバス及びBEEFを通じて皆さんに周知します。ただし、鶴甲第1キャンパスで開講される「講義科目」のうち、学部共通基礎科目及び学部共通発展科目については、対面授業が実施される場合も、1回目、2回目の授業はすべて遠隔で実施します。
    • 履修登録期間が終了し受講生数が確定したのち、収容可能な教室が確保できた場合に、3回目から対面授業を実施することとしますので、BEEFでの通知に注意してください。

関連情報