オレゴン大学から東アジアプログラムディレクターが来訪しました

2017年10月3日に、国際人間科学部のグローバル・スタディーズ・プログラム(GSP)について検討するため、オレゴン大学の応用第二言語学習センター(Center for Applied Second Language Studies)の東アジアプログラムディレクターであるリーシェン・ヤン(Li-Hsien Yang)氏が本学部を訪問しました。環境共生学科佐藤春実教員とGSPオフィスの吉田実久教員と共に、プログラムについての意見交換を行いました。GSPでは、現在オレゴン大学での短期実践留学のプログラムがありますが、今後更に連携を強めていくために活発な意見交換を行うことができました。