公費図書郵送サービスの継続について

2020年9月29日更新

国際人間科学部長 櫻井 徹

卒業論文提出を控える皆さんに対して国際人間科学部では公費図書郵送サービスを継続します。

  1. 各人の所属学科に対応する次の図書館で図書郵送サービスを利用してください。
    • グローバル文化学科の学生は総合・国際文化学図書館
    • 発達コミュニティ学科、環境共生学科、子ども教育学科の学生は人間科学図書館
    貸出についての詳細は、次のとおりです。
    • 1)郵送サービスは後期も継続します。
    • 2)郵送サービスを受けられるのは、今年度に卒論の提出を予定している者に限 ります。該当しない者は、私費での郵送サービスが可能ですので、こちらをご覧ください。
    • 3)郵送できるものは、論文執筆に必要な図書・資料に限ります(総合・国際文化学図書館または人間科学図書館所蔵資料に限ります。また帯出禁止の図書・資料は貸し出せません)。
    • 4)発送時の郵送料は、国際人間科学部で負担します(元払い)。
    • 5 貸出期間は1ヶ月です。返却については、来学して返却してください。来学できない場合は、本人負担で郵送により返却してください。なお、附属図書館ホームページ「アカウントサービス」よりウェブ上で貸出延長が可能です。
    • 6)各クォーターにおいて、各人1回限りの利用とします。貸し出せる冊数は図書館の卒論用特別貸出規程(学部生は現在借りている冊数と合わせて15冊まで)に準じます。
    • 7)所定の申込用紙に貸出を希望する資料を記入し、指導教員の承認を得た上で、図書館に申し込んでください。申込先は所属学科により異なります。
      グローバル文化学科
      • 郵送貸出申込用紙(Excelファイル)
      • 提出先:総合・国際文化学図書館 glibsvc _at_ lib _dot_ kobe-u _dot_ ac _dot_ jp
      発達コミュニティ学科、環境共生学科、子ども教育学科
      • 郵送貸出申込用紙(Excelファイル)
      • 提出先:人間科学図書館 plibsvc _at_ lib _dot_ kobe-u _dot_ ac _dot_ jp
    • 8)もし返却郵送時に図書等の紛失があった場合は、本人が賠償するものとします。
  2. その他、貸借等のサービスについて不明な点があれば、図書館に問い合わせてください。