子ども教育学科

写真

ミッション

現代社会の文化的多様性を尊重した子ども教育に取り組む人材を養成する

次世代育成を通したグローバル共生社会の実現を目指し、グローバル社会に関わる幅広い視野を持ちながら、子どもと学校が抱える課題を多面的に認識し、実践的に解決していく能力を身に付けた初等教育教員等を養成します。この目的を踏まえ、本学科は、初等教育を構成する「学校教育学」と「乳幼児教育学」の2つのコースを設け、世界と日本の学校教育、国際文化理解教育など、グローバル共生社会の実現に向けた教育の現状と課題について理解を深めた後、コースごとの体系的な教育研究を行っていきます。

このページのTOPへ戻る

予想される進路

卒業後の進路として、小学校教員、幼稚園教員、特別支援学校教員、公務員(教育行政職)、 国際教育機関(ユネスコ等)、教育関連企業、大学院進学等が予想されます。

このページのTOPへ戻る

学びの特色

幅広い基礎知識を得て方向性を選択する

1年次は、概論等の講義を通じ、未来のグローバル共生社会を創り出す子どもの教育について原理的諸側面と教科的諸側面を中心に、多角的な知見と探究方法論を修得し、基礎的な能力を身に付けます。同時に、幅広い専門科目の中から自らの関心に沿った履修を進め、学ぶ専門性と方向性を見定めていきます。

コースごとの学修を通して、高い専門性を身に付ける

将来の進路など目的に応じて、2つのコースから1つのコースを選択します。それぞれのコースで開講される専門科目を受講し、より高度な専門性を身に付けていきます。

理論と実践の往還を通して、エキスパートとしての実践力・応用力を鍛える

大学での専門科目の受講によって身に付けた高度な専門性を、附属学校園を含む国内外の学校現場での教育実習やインターンシップの経験と連関させ、初等教育教員としての実践的指導力、子どもの教育を学問的に探究するための研究能力を鍛えます。

このページのTOPへ戻る

子ども教育学科が展開する2つのコース

学校教育学コース

目標

主に教育学、教科内容・指導論、心理学の専門性に基づいて、義務教育の基盤である小学校を中心とした教育理念、制度、教育内容と方法に関する教育研究を行います。あわせて、インクルーシブ教育の観点から、障害のある子どもに対する特別支援教育に関する教育研究を行います。

学問領域

学校教育学、教育内容・指導論、特別支援教育学、障害児支援学

予想される卒業論文

  • 大学生における睡眠アプリによる睡眠の改善
  • 日本テレビアニメの「変身ヒーロー/ヒロイン」像の時代変遷について
  • 児童期における三角形の求積の指導についての分析 —高さが外に出ている三角形に着目して—
  • 鉄棒運動が逆上がり動作の評価基準の作成
  • 大学生におけるmind-mindedness個人差の規定因に関する研究
  • 小学校国語教科書における『ごんぎつね』の挿絵に関する研究
  • 家庭における科学体験と保護者への支援
  • PASS理論を活かした数の合成・分解の指導 —同時処理に着目して—
  • 『ざわざわ森のがんこちゃん』の魅力について
  • 小学校における動物との関わり方~動物介在教育の現状~
  • 母親の習い事経験が子どもの習い事にどのような影響を与えるのか

乳幼児教育学コース

目標

主に教育学、保育内容・指導論、心理学の専門性に基づき、生涯にわたる人格形成の基盤である乳幼児期を中心とした教育理念、制度、保育内容と方法に関する教育研究を行います。あわせて、幼小連携教育の観点から、小学校教育の内容と方法等に関する教育研究を行います。

学問領域

乳幼児教育学、保育内容・指導論、乳幼児心理学

予想される卒業論文

  • 就園前の子どもをもつ保護者への支援 —行政による乳幼児教育・保育施設に関する情報提供に着目して—
  • 保育園における保育士による「抱っこ(抱き)」の研究 —0,1歳児クラスの抱き回数の減少に着目して—
  • 幼児の乗法のインフォーマル算数に効果的な環境構成と教師の援助について 〜procept論に着目して〜
  • 林明子絵本における主人公の描かれ方
  • 砂場遊びにおける幼児の他児への働きかけに関する研究 —3歳児遊び場面に着目して—
  • 幼年期の運動遊びと運動発達について保護者に伝えたい内容とその方法
  • 幼児における他者の意図理解と社会的問題解決能力の発達 —視点の影響に着目して—
  • 絵本における「行きて帰りし物語」の研究
  • 絵本における「けんか」の描かれ方
  • 幼児期における自称詞の使用について —「こっち」の伝播に着目して—
  • 幼稚園における生活発表会の実態
  • レオニレオニの翻訳絵本研究

このページのTOPへ戻る

子ども教育学科の入試

このページのTOPへ戻る