発達コミュニティ学科

写真

ミッション

人間の発達とそれを支えるコミュニティの実現に取り組む人材を養成する

人間の多様な発達と、その発達を支えるコミュニティ(多様な人々が協働する社会)を実現するために必要な能力を身に付けた人材の養成を目指します。この目的を踏まえ、人間の心理的発達や身体的発達、表現や行動の機能発達など、人間の生涯全体に関わる課題解決を行うために必要な基礎的な専門教育を行う「発達基礎」、人間の多様な発達の相互関係に着目し、グローバル社会と個人をつなぐコミュニティに関する理論の構築と実践的な課題解決を行うために必要な専門教育を行う「コミュニティ形成」という2本の柱を設定します。

このページのTOPへ戻る

予想される進路

卒業後の進路として、自治体や企業における組織・人事戦略コンサルタント、家庭裁判所調査官、地域コミュニティ創生支援事業・人材育成事業の指導者、行政や自治体の専門職、健康関連企業での専門職、国際連合機関(ユネスコ、世界保健機関等)、大学院進学等が予想されます。

このページのTOPへ戻る

学びの特色

広い基礎知識を学び、学びの方向を定める

1年次は、概論等の講義を通じて人間の発達とコミュニティについての幅広い知識を得るとともに、専門的知識を学んでいく上で基礎となる科目を受講します。多くの科目の中から自らの関心に沿った履修を進め、学ぶ専門性と方向性を見定めていきます。

教育プログラムを通して、高い専門性を身に付ける

2年次には、各自の関心や将来の進路などに応じて、5つの教育プログラムの中から1つを軸として選択します。各教育プログラムで開講される専門科目を選択して受講し、より高度な専門性を身に付けていきます。

国内外の海外研修、フィールドワークを通じて実践力・応用力を鍛える

専門科目の受講により高度な専門性を身に付けると同時に、国内外における活動を通じて実践的な問題解決能力を鍛えます。現場実践によって醸成した問題意識をより明確な課題設定へとつなげ、その解決に必要な具体的な手法を体系的・段階的に学びます。

このページのTOPへ戻る

発達コミュニティ学科が展開する5つのプログラム

社会エンパワメントプログラム

目標

社会の様々な局面で生じる課題を発見する能力、エンパワメントに対する理解力、対人支援やコミュニティ支援に関する幅広い知識や技術を学び、社会エンパワメントを通してグローバル課題を解決へと導く専門的能力を身に付けます。

学問領域

生涯学習論、障害者共生支援論、ジェンダー理論、福祉教育・ボランティア学習論、臨床哲学、環境リスク学 等

予想される卒業論文

  • 夜間定時制高校において生徒が大学生と関わることの意味
  • コンテンツツーリズムを通じた地域文化の変容とファンコミュニティに関する研究
  • 障害者集団におけるジェンダー問題
  • 地域における健康学習の可能性と課題
  • 育児ネットワークが母親のwell-beingに及ぼす影響に関する実証的研究
  • ボランティア学習プログラムにおける「先駆性」の重要性
  • 障害者との関わりの中で生まれる支援者の変容と関係性の変容 —「悠々ジョブ」 活動を通して—
  • スラムで生活する女子ヒンドゥー教徒の自己形成に関する一察
  • 神戸華僑華人教育活動による共生関係構築とアイデンティティ形成

心の探究プログラム

目標

人々の心の発達の諸相における課題を発見しその解決へと導くために、人の心とその発達を適切な方法で理解・測定する基礎的能力、現代社会の多様な支援ニーズへの対応方法についての実践的な専門的能力を身につけます。

学問領域

臨床心理学、芸術療法、スクールカウンセリング、臨床心理検査法、発達臨床心理学、生涯発達心理学、睡眠心理学、教育心理学、人格心理学 等

予想される卒業論文

  • 障害幼児をもつ親の子ども観が求める療育内容に及ぼす影響
  • 対人不安と完全主義、自己意識、他者意識との関連
  • 質問紙法およびロールシャッハ法から見る現代の娘が抱く父親像
  • 自閉症スペクトラム障害を対象としたジャグリングの臨床応用可能性
  • 自己愛的甘えにおける対人ストレスイベントへの認知処理とコーピング選択
  • 青年の過剰適応に影響を及ぼす要因について
  • 青年期における劣等感が意欲や努力につながるプロセスと影響要因についての検討
  • 演劇経験と個人の特性及びスキルの関連 —共感性とコミュニケーション・スキル に着目して―
  • 音楽と映像のリラクセーション効果 ―パーソナリティ特性との関連―
  • 介護福祉分野におけるバーンアウトと感情労働、及び「巻き込まれ」の関連

アクティブライフプログラム

目標

人々が健康で活動的なライフスタイルを実現するために、人の心身や運動行動を理解・分析する基礎的能力、心身の健康やエイジング、スポーツ活動などにかかわる実践的な専門的能力を身につけます。

学問領域

運動生理学、運動心理学、スポーツ技術論、スポーツ社会学、バイオメカニクス、体育・スポーツ史、応用生理学、ジェロントロジー、高齢者心理学、スポーツプロモーション、加齢の身体運動科学、ヘルスプロモーション、公衆衛生学 等

予想される卒業論文

  • マスターズ陸上競技選手における競技継続要因に関する研究
  • 水泳動作における主観的努力度と客観的出力の対応性
  • 運動時と回復時の湿潤感の変化に関する研究
  • 体幹スラビライゼーション・エクササイズが動的バランス能力に及ぼす即時的効果
  • 高齢者のコミュニケーション行動に関する実験的検討
  • サッカーの直接フリーキックにおけるコースの蹴り分けに関する研究
  • 走運動における主観的努力度と疾走速度曲線の関係に関する研究
  • 大学運動選手における心理的成熟の契機となった経験に関する研究
  • 運動回復期における水分摂取時の水温の違いが自律神経系活動に与える影響
  • 女子サッカー日本代表の誕生

ミュージックコミュニケーションプログラム

目標

人々の文化的で豊かな生活のため、芸術の実践と交流によって社会における多様な人々をつなぐ場を構築することを目指し、音楽の発信と受信について多面的に理解・探究する総合的能力、音楽の創造的実践的な専門能力を身に付けます。

学問領域

作曲・編曲、声楽、器楽、音楽療法、西洋音楽史、民族音楽

予想される卒業論文

  • 1960年代~現代までのJ-popのヒット曲に関する考察
  • 浅草オペラの地域受容 -上演記録を通じて-
  • シャルル・ケクランにおける折衷主義様式~ピアノ作品《ペルシャの時 Op.65》 を例に~
  • 公共空間における音環境デザイン研究
  • ハード・ロックと身体性
  • ショパンのエディション比較研究̶ポロネーズop.44を例に̶
  • 日本におけるリズム教育を見直す 〜ピアノ教育における効果的なリズム感形成の方法とは〜
  • ポピュラー音楽受容における同調と差異化̶若年層のアイデンティティを巡って̶
  • チェコ音楽における民族性のゆくえ̶「場」における民族性の創造・真実と虚構の混在̶
  • ミュージカル史における『ライオンキング』

アートコミュニケーションプログラム

目標

人々の文化的で豊かな生活のため、芸術の実践と交流によって社会における多様な人々をつなぐ場を構築することを目指し、文化芸術の発信と受信について多面的に理解・探究する総合的能力、美術の創造的実践的な専門能力を身に付けます。

学問領域

舞踊学、美術・彫刻、絵画表現、近代建築史、感性科学、ファッション文化論、社会情報学、認知科学

予想される卒業論文

  • 舞踊表現における共有感に関する考察
  • 神戸のファッション文化の発展 ―紳士服からニュートラ、神戸系ファッションまで―
  • 振付創作プロセスにおけるコンテンポラリーダンス作品の変容 ~環境との関係に着目して~
  • 音楽聴取と想起される図形イメージの関連性について ~音楽の音色と調性を中心に~
  • 観光政策によって形成される都市イメージに関する研究 1930年代の神戸市を事例として
  • シュルレアリスムにおける「共有」の模索
  • 公共空間における音環境デザイン研究
  • 基本感情に基づく感動する物語のストーリー構成についての研究
  • 物語の内容と装丁デザインのマッチングに関する研究
  • カミーユ・コロー《モルトフォンテーヌの思い出》に見る「ゆらぎ」の表現

このページのTOPへ戻る

発達コミュニティ学科の入試

このページのTOPへ戻る