教員情報( 相澤 直樹)

氏名・職名 相澤 直樹(あいざわ なおき,Naoki Aizawa)准教授
メールアドレス aizawa [at] kobe-u [dot] ac [dot] jp
取得大学 博士(学術)(神戸大学)
研究分野 臨床心理学、臨床心理検査(投影法)
研究テーマ 青年期の対人恐怖傾向と自己愛傾向、ならびにロールシャッハ検査法を中心とする心理検査法(投影法)について研究しています。
[学部] 担当 国際人間科学部 » 発達コミュニティ学科 » 心の探究プログラム
[大学院] 担当 人間発達環境学研究科
研究者情報 神戸大学研究者紹介(KUID)
教員サイト
研究紹介

対人関係における「傷つきやすさ」を超えて

私たちのゼミでは、心の成長にともなう自己や対人関係に関わる問題を幅広く研究しています。とくに対人場面における「傷つきやすさ」を主要な研究テーマとして、いわゆる対人恐怖や自己愛(ナルシシズム)の問題を発達的観点と臨床的観点から解明しています。それは、単に傷つきやすさを説明することではなく、人の心の成長の過渡的な姿としてその痛みを抱え、乗り越えていく道を探求することでもあります。ただし、そのようなテーマに限らず、ゼミの学生には自分自身に関心の深い研究テーマを発見するように勧めています。なぜならば、心理学はそのようにしてはじめて息の長い取り組みが可能となるからです。また、実際の人々の心から学ぶことも大切なことと考えていますので、研究手法としては調査研究や実践研究などを指導しています。そのほか、臨床実践分野においては、心の問題に悩む人々を対象としたロールシャッハ検査法の研究にも取り組んでいます。

教員写真