教員情報(田畑 暁生)

氏名・職名 田畑 暁生(たばた あけお,Akeo Tabata)教授
メールアドレス akehyon [at] kobe-u [dot] ac [dot] jp
取得大学 修士(社会学)(東京大学)
研究分野 社会情報学、映像論
研究テーマ 新しいメディアが次々と登場する「情報社会」で発生する問題や、メディアをどう利用すべきなのかといった事柄を研究しています。
[学部] 担当 国際人間科学部 » 発達コミュニティ学科 » アートコミュニケーションプログラム, ミュージックコミュニケーションプログラム
[大学院] 担当 人間発達環境学研究科
研究者情報 神戸大学研究者紹介(KUID)
教員サイト
研究紹介

映像やメディアという鏡を通して、現代社会を考える

メディアは現代の社会の中で大きな役割を果たしていますが、高等学校までの学習では、国語・政治経済・情報などいくつかの教科で簡単に触れることはあっても、本格的に学習することはあまりないでしょう。私のゼミでは、ある種「怪物」的なとらえどころのなさと同時に魅力を有したメディアに対して、学生が真っ向から、あるいは搦め手から、取り組んでいます。ゼミの中身はレジュメ作成とディスカッションが中心となります。卒論でこれまで扱われたテーマも、ネットショッピングにおける価格形成の問題から、黒澤明における「間」の表現、岡崎京子のマンガ、アニメーション映画、印刷技術のデジタル化による影響まで、実に多種多様と言ってよいでしょう。卒業後の進路も、テレビ局や映像制作会社から、一般企業、公務員や教員、そして大学院進学者まで幅広く分布しています。巨大メディアに踊らされないために、そして、主体的にメディアを活用できるオトナになるために、ぜひ一緒に学びましょう。

教員写真